ナビーちゃんナビーちゃん

2021年もたくさんのご応募ありがとうございました!
村内外そして県外から、230点の応募がありました。
今年2022年も開催する予定ですので、
是非あなたの撮った恩納村を応募いただければ幸いです。
第10回ナビーに届け!うんなの魅力フォトコンテスト開催まで
もう少々おまちください。

第9回うんなの魅力フォトコンテスト 結果発表

※各画像をクリックすると拡大されます。

【最優秀賞】

最優秀賞 「マーメイドグロット(Mermaid Grotto)」

タイトル
「マーメイドグロット(Mermaid Grotto)」
【応募者】 宮城 良典
【撮影場所】 アポガマ
応募者コメント
初めて行ったアポガマでしたが、洞窟の中から出口を見るととても幻想的でした。
海も空も緑も、自然が身近に自然が残っている恩納村は素敵です。
審査員コメント
潮が引いた時に洞窟の中からシャッターを切ったタイミングの良さと、岩肌、空、砂浜、苔のコントラストがきれいで、構図が素晴らしい写真です。

【優秀賞】

優秀賞 「窓辺」

タイトル
「窓辺」
【応募者】 宮城 夏菜
【撮影場所】 ザネー浜
応募者コメント
自然の力で出来た窓辺に座り海を眺めている美女。
沖縄の自然はいつでも心を打たれます。
審査員コメント
今にも琉歌を詠みそうな雰囲気の恩納ナビーを彷彿とさせ、岩だけで自然の魅力を表現した良い写真です。

【万座毛賞】

万座毛賞 「万座毛」

タイトル
「万座毛」
【応募者】 松崎 加奈子
【撮影場所】 万座毛
応募者コメント
宣言が明け万座毛周辺活性化施設も開館されたので、久しぶりに見てきました。
審査員コメント
サンゴまで見える透明度の高い海が写ったシャッターチャンスの良い写真です。

【隠れたうんなの魅力賞】

隠れたうんなの魅力賞 「恩納の神秘」

タイトル
「恩納の神秘」
【応募者】 興山 愛
【撮影場所】 谷茶前の浜の碑公園
応募者コメント
この写真は谷茶前の浜でビーチクリーンをした時に撮りました。ゴミを拾いビーチを歩いていたら
この木と遭遇しました。力強く根をはり、存在を示すように。ただ1本だけ。神秘的な木でした。
審査員コメント
力強さとウンナンチュのたくましさを感じるカッコイイ写真です。

【ニービチ♥愛々かながな♥カップル賞】

ニービチ♥愛々♥カップル賞 「君となら」

タイトル
「君となら」
【応募者】 to-ma
【撮影場所】 ザネー浜
応募者コメント
分かち合えることの喜び
審査員コメント
海とドレスの色の対比が美しく、笑顔が自然で幸せいっぱいのステキな写真です。

【入選】

入選 「釣れるかなぁ、、、」

タイトル
「釣れるかなぁ、、、」
【応募者】 具志堅 夕里香
【撮影場所】 恩納村瀬良垣
応募者コメント
審査員コメント
ウチナータイムやスローライフを感じる良い写真です。

入選 「晴れの日」

タイトル
「晴れの日」
【応募者】 宮城 良典
【撮影場所】 ナビービーチ
応募者コメント
撮影日の5月の中旬(梅雨入り後)は、緊急事態宣言も発令されておらず、梅雨のジメジメからも開放されとれもよく晴れた日でした。
コロナ禍も落ち着き、またこのような日常が戻ってくることを願っています。
審査員コメント
ローアングルから、柱が太陽に伸びている感じが良い写真です

入選 「恩納のサンゴの海」

タイトル
「恩納のサンゴの海」
【応募者】 髙蜂 泰弘
【撮影場所】 恩納村恩納 海中
応募者コメント
恩納村のサンゴはすごく綺麗。
審査員コメント
サンゴにやさしい村らしく、サンゴが力強く表現された良い写真です。

入選 「サーマンボースの空」

タイトル
「サーマンボースの空」
【応募者】 高橋 杏奈
【撮影場所】 恩納村瀬良垣
応募者コメント
雲の多い梅雨の時期に一瞬雨が止み晴れました。
綺麗な夕焼け
自然に感謝し敬う
審査員コメント
夕暮れ時の色合いが癒される良い写真です。

入選 「海から見る虹」

タイトル
「海から見る虹」
【応募者】 吉田 悠
【撮影場所】 恩納村字山田
応募者コメント
海で遊んでいると、スコールが!
海から見る虹、虹と一緒に写真を撮る子供たちの笑顔がGood!
審査員コメント
くっきり虹が写ってる、タイミングが良い写真です。